奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年10月5日
最終更新日:2017年10月1日

(※【腎の生理(2)】のつづきです)

折にふれ、私はこのブログの中で、
「治療家は、はりきゅうや整体でどんな病でも簡単に
治ってしまうような調子のいいことばかり言うな!」
「患者のみなさんは、そのような調子いいことだらけのホームページや、
無責任な広告・チラシの甘言を鵜呑みにしてはいけない!」
――そう訴えてきました。
こんなことを続けていたら、患者さんが救われないばかりか、
治療家自らが自分の首を絞めることになるだけで、
誰ひとり、何ひとつ得するものはありません。
これから以下に記す症例は、
重度の水滞証と推定される、当院の患者さんの実際の臨床例です。
水滞証と「」との関連をお話しする上で
きわめて興味深い症例ですので、ここにご紹介させていただきます。
当たり前のことですが、観察された事実はそのまま事実として記載し、
いっさいの粉飾・脚色は加えていないことを予めお断りしておきます。

膝 01
60代の女性、Cさん。
身長156cm、体重65kg(※初診時の自己申告)。

昨年(平成27年)より継続的に診させていただいている患者さんです。
もともとこの方のお嬢さんが当院の患者さんで、
そのお嬢さんの勧めで当院を受診されました。
Cさんの初診時の主訴は、以下のようでした。

①「変形性膝関節症」による膝関節痛10年以上前から)
② あさ起床時の肩と腰の痛み2-3年前から)
③ あさ起床時から右手がじゃんけんの「グー」の形に
 固まったまま、痛くて開くことができない

いずれも長い年月の間に慢性的な経過をたどった、
加齢に伴う典型的な慢性疾患です。
一般的には、けっして少ないとは言えない主訴の数ですが、
ご高齢の方の場合、3つや4つの主訴は珍しいことではありません。
しかし、Cさんの場合、さまざまな理由から、
この後、主訴の数がどんどん増えていくことになります。

手 01
さて、施術を始める前に肝腎なことは、言うまでもなく問診です。
現代医学と違い、CTMRIを始めとする
科学的精密検査に頼ることのできない東洋医学では、
自覚症状の聞き取り」がきわめて重要・不可欠な情報となります。
望診(=視診)・切診(=触診)と併せてこの問診をおこなうことで、
患者さんの「」(=病態や体質)を明らかにしていくのです。
原則論から言えば、証が決まれば処方(=治療法)も自動的に決まります。
このことを「診断即治療」といい、漢方医学の特色の一つとなっています。

次回は、その問診の話から続きを書きたいと思います。

(※【痰湿証と腎(1)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook