奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年11月6日
最終更新日:2018年10月13日

あす117日は「立冬」です。
「晩秋」から「初冬」へと、四季もまた変わります。
今日はひとつ「雨」のお話をしてみたいと思います。
雨といえば、今年の9月はじつに雨が多かったですね。
大阪管区気象台では、以下のように発表しています。

「前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなりました。
また、20日は台風第16号が和歌山県田辺市付近に上陸し、
近畿地方では広い範囲で大雨となり、大荒れとなった所がありました。
9
月中旬の日照時間は平年比37%で、
1961
年の統計開始以降、少ない方からの1位となりました。」

温暖化に伴い、こうした傾向は今後ますます顕著になっていくのでしょう。

雨 01
ところで、かように雨の多い日本ならではのことでしょうが、
日本語には「雨」を表現する言葉がじつにたくさんあります。
たとえば
梅雨」(※本来は「黴雨(ばいう)」→【梅雨と痰湿(1)】参照)
と並んで代表的なのが「五月雨(さみだれ)」。
これは文字どおり、五月頃に降り続く梅雨どきの雨のことをいいます。
「あれっ、梅雨といえば6月じゃないの?」
――と思った人は、ひとまず
「新暦は旧暦よりひと月前倒し
と覚えておいてください。
つまり、旧暦の5月は、現代のカレンダーでは6月に相当します。

他にも、春に降る細かい粒子の雨は「小糠雨粉糠雨(こぬかあめ)」、
秋に降る同様の雨は「霧雨(きりさめ)」、
夏の夕方に突然降りだす雨は「夕立(ゆうだち)」、
また「にわか雨」のことを「驟雨(しゅうう)」とも言います。
そして、これからの季節――
冬に
断続的に降る雨を「時雨(しぐれ)」と呼びます。
まだまだ他にも
、ヒット曲になった「氷雨(ひさめ)」など、
枚挙に遑(いとま)が無いほどです。

このように、季節によって、また時間帯によって表現し分ける――
古来よりの日本人の繊細な感性が窺(うかが)われますね。(了)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook