奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年8月5日
最終更新日:2018年10月13日

これまでの三か月間はでした。
夏は「陽気」の季節です。
外界と同様、体の内部においても増長した
の気」で
満たされていたのが夏でした。
だから、体内に満ち溢れる陽気を
洩(も)らしてやる必要があったのです。
このブログの中でも、たびたび
「夏場は運動で汗をかいて陽気を発散しよう」
と養生指南してきたのも、そういう意味があります。
しかし、87日の「立秋」を境に、
自然界には陽気に替わって明瞭な「の気」が
台頭してくるようになります。
ちなみに、俳句の世界には
「新涼」「秋涼し」といった季語がありますが、
こうした東洋医学に言うところの
中の(ようちゅうのいん)」のことを
言っているのかもしれませんね。


鍼灸医学の聖典である『黄帝内経』は、
容平(ようへい)の季節である」
と、説いています。

「容」は、収容されること。
「平」は、陽気の増長が止まり、
とが平衡する(=釣り合う)ことです。
秋に入ったら、もうこれまでのように
積極的に陽気を洩らす必要が無くなります。
むしろ反対に、これからの季節、
無用な陽気の発散は慎まなければなりません
過度の運動は控えたほうが無難です。
この時季に活動的になりすぎて陽気を損耗すると、

」を損ない、冬になってから下痢をしやすくなる――
『黄帝内経』はそのようにおしえてくれています。(了)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook