奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年11月18日
最終更新日:2017年9月17日

(※【水滞証と腎】の最終回です)

できることに制約があるとはいえ、
施術者としてやれるだけのことをやるしかありません。
その後もおよそ月一回のペースで来院されるCさんに対し、
私もまた、に働きかける治療をおこないました。
その間、膝痛手のこわばり眼のチカチカ
三大症状を繰り返し訴えていたCさんでしたが、
初診からおよそ半年後の第8診では、
「以前のように膝がひどく腫れて痛むということが無くなった
あれはいったい何だったのだろうと思う」
と言われ、膝痛に関してはほぼ寛解をみるに至りました
3
週間後の第9診においても「膝痛はもう無い」とのことでしたので、
膝への3D刺激療法ももうやめることにしました。
10
年以上前から苦しめられてきた慢性の膝関節痛が、
6
か月8回の施術で寛解に漕ぎつけたわけですから、
治療はうまくいったと言ってよいでしょう。
ただし、膝関節の変形・変性までもが直ったわけではありませんから、
ひざ関節痛の話(4)】のブログでご紹介したような太ももの筋トレ
今後も励行していかなければ、症状の再燃は必至であると言えましょう。
こうして膝痛の劇的改善を実体験したCさんは、
同様に眼のほうも好くなるならばということで、
「もう少し間をつめて通うようにします」
とおっしゃっていました。

飲食物 01
ところで
、証の改善を図るにおいていちばん大事なことは、
飲食の習慣を改めることです。
鍼灸、湯液(漢方薬)、指圧、その他の物理療法など、
たとえどんなに有効な治療手段を用いたところで、
飲食を中心とした生活習慣を改善しなければ、
その治療はけっして奏功しません。
ことに水滞証においては、飲食の改善は必須かつ最重要課目です。
私が水滞証の患者さんに、飲食の節制ということを
うるさく申し上げるのは、
それゆえにこそなのです。
そもそも水滞が進行・悪化する原因は、脾胃の働きの弱りにあります。
漢方医学において「脾胃(ひい)」というのは、
飲食物から活動エネルギー(=を生み出す熱源」のこと。
Cさんのような水滞証の患者さんにおいては、例外なく
この脾胃の働きがすこぶる弱い(=脾虚)のです。
そして、この脾胃を人体の熱源たらしめているのは、
腎の陽気」が竈(かまど)のように脾胃を下から熱し、
温めているからにほかなりません。
いわば「熱源の熱源」と言えるのが腎であるわけです。

水滞証では、この「腎の陽気」が絶対的に不足しているのです。
腎の陽気は、別名を「命門(めいもん)」ともいい、
文字どおりまさに「健康長に至る」であると言えます。
したがって、水滞証の治療には、腎と脾の
二つの蔵を整えることが不可避となります。
ほぼ月イチの、指圧とお灸(しかも台座灸)だけという制約の中、
Cさんがどこまで自分に厳しく飲食の施制を励行できるか――
それがこの治療の成否のカギを握っていると言えましょう。

水滞証と腎との因果関係をみなさんに体感していただくために、
12回にわたって実際の症例を用いてお話ししてまいりましたが、
この辺でいったん、このお話の幕は下ろさせていただきたいと思います。
Cさんに対する治療は、その後10か月を経過した現在も
なお継続中であることを、最後にお伝えしておきます。(了)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook