奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年5月27日
最終更新日:2016年8月22日

(※【肉離れの二症例(5)】のつづきです)

「一か月後にはコートに立って、またテニスがしたい」
それが来院時のBさんのご希望でした。
このとき、先日のA子さんの経過が私の頭をよぎりました。
今回のBさんのけがは、A子さんのケースときわめてよく似ています。
そのA子さんが、たった1回の治療で
再びハードな練習に復帰しているのです。
そして3日間、わずか3回の治療で終了し、
受傷から一週間後には、みごと競技会出場を果たしている。
ならば、Bさんの希望など何の問題も無いのではないか――
誰しもそう考えたくなるところです。
しかし、臨床というものはそう単純にはいきません。
同じけがや病気であっても、患者さんは百人百様。
A子さんとBさんでは、年齢も大きく違えば性別も異なります。
さらには、職業も体質も生活環境もまるで違う――
そんなお二人が、たとえ同じ肉離れというけがであっても、
同じ経過をたどることなどありえないことです。
そのあたりの事情を十分加味したうえで、
目の前の患者さんの予後を推定しないといけません。

肉離れ 8
Bさんご本人には、軽度~中度の肉離れであると判断できること、
治療は3D刺激療法をメインにおこなうこと、
最初の一週間は患部の安静第一で、
毎日もしくは一日おきに通院すること、
ご自身でもマッサージはおこなわないことなどの
インフォームドコンセントをさせていただきました。
そして、第1回目の3D療法の後、テーピングを施しました。
症状が酷似しているA子さんにはおこなわなかったテーピング。
なぜBさんには施したのでしょうか。
それは、Bさんのほうが歩行時痛が強かったからです。
皮下出血班の有無で、けがの大小を判断することはできません。
事実、皮下出血がみられたA子さんのほうが歩行時痛は軽く、
反対に、皮下出血班の認められなかったBさんのほうが
歩行時痛が強いということが現に起こっているわけです。
一見、よく似た二例の肉離れ。
しかし、腓腹筋のどのあたりで、
どの程度の筋損傷が起こっているかということは、
じつは一見しただけではわからないものなのです。

ともかく、こうしてBさんの第1回目の治療を終えたのでした。

(※【肉離れの二症例(7)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook