奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年10月16日
最終更新日:2016年10月20日

(※【水滞証と腎(5)】のつづきです)

①「変形性膝関節症」による膝関節痛(10年以上前から)
あさ起床時の肩と腰の痛み(2-3年前から)
あさ起床時から右手がじゃんけんの「グー」の形に
固まったまま、痛くて開くことができない

――さて、以上が初診時のCさんの主訴でした。
このうち、どれがいちばん深刻で、急を要する症状かといえば、
それは間違いなく、①膝関節痛です。
なぜならば、日常生活において立ったり座ったり、歩いたりという
動作を伴わないものはほとんど無いと言っても過言ではないこと、
そしてまた、Cさんの場合それ以上に、
わざわざ他府県から電車に乗って、さらに駅から10分弱の道のりを
膝が痛いにもかかわらず歩いて来てくださる――。
そのことを思うと、その日の治療を終えて、
また同じ道のりをお帰りいただくときに、
膝の痛みが何ら変わっていないなどということは
あってはならないことだと思ったからです。
複数の主訴がある場合、そのすべてを改善させることができれば
もちろん申し分ないわけですが、
現実には、そううまくばかりいくとは限りません。
とくに、長い年月をかけて進行・慢性化した症状ほど、
そう容易に改善できるものではないのです。
ともかく、
「最低でも、膝関節痛を改善させてお帰りいただく」
ということを自らに課し、治療の処方を考えました。

膝 02
また、一方で忘れてはならない大事なことは、
上記のCさんの主訴すべてが水滞証による症状だということです。
①膝の痛みは膝関節に水が溜まった(=強い炎症がある)結果であり、
また、②③とも「あさ起床時」に最も症状が強いという事実こそが、
夜間安静時に、そこに水が溜まってしまったことを物語っています。
あさ起きたときには、関節やその周辺組織(滑液包や腱鞘など)が
「水溜まり」の中にジャブジャブに浸かっている状態です。
だから、肩が凝り、腰は重だるく、
指の曲げ伸ばしがスムーズにいかないのです。
まさに「水滞」と言われるゆえんです。
だとすれば、その水滞が改善されれば、
これらの症状もまた改善されるはずです。
では、この水滞はどこからやってきたものかといえば、
その総元締めは「」です。
とくにCさんの場合、生来の体質的なものに加え、加齢に伴う
「腎」の機能不全が惹き起こしているとみて間違いありません。
ということは「腎」の機能回復なしには
水滞証の改善もまた無いというわけです。
そこで、

1.とにかく膝の痛みをすこしでも緩和すること
2.「腎」の機能回復を治療の主眼に置くこと

――この二つを柱に据えて経絡・経穴を選定し、
指圧3D刺激療法も併用した処方で治療を開始しました。

(※【水滞証と腎(7)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook