奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・金・第3日曜、夏期、年末年始
公開日:2017年10月20日
最終更新日:2018年8月16日

(※【原因不明の頸部痛が東洋医学的アプローチで改善した症例(4)】のつづきです)

Dさんが来院されて、お話を伺っている間、
ずっと気になっていたことがあります。
それは、Dさんの目つき話し方です。
目つきとは、うーん‥‥何と言ったらいいのでしょう。
若干大げさに言えば、目じりの上がった、
いわゆる険のある、きつい感じの目です。
そして、主訴やこれまでの経緯をお話しされる
その話し方がとても早口で、どちらかというと
こちらの話を「喰い気味」に、
怒り」の感情に任せてご自分の思いを
(まく)し立てるといったふうでした。

こうした傾向は、ともすれば、その人の
パーソナリティー(※personality:個性、性格)
ということで片付けられ、とりわけその人と
初対面の場合には見過ごされがちなものです。
しかし、こうした見過ごされがちな情報の中に、
時として重要な情報が潜んでいたりするのです。
今回のケースがまさにそうでした。
Dさんが、実際には前述のような
パーソナリティーの持ち主ではないことが
後に判明することになります。


とにかく、初診時の面談や問診を通して、
Dさんの目つきやその話し方に、
筆者は多少なりとも違和感を覚えたわけです。
そこで、いま一度問診票に目を通してみると、
頭痛になりやすい
肩や首の後ろが強く凝っていて痛い
――といった項目にチェックが入っています。
これらは「片頭痛で通院していた」という情報と、
そして、今回の「首が痛い」という主訴と、
それぞれ合致しています。
さらには、
寝つきがわるい(自律神経症状)
ものが見えにくい
目が疲れやすい
眼の奥が痛い(以上、目の症状)
――といった、東洋医学的にみて
」の機能失調を疑わせる所見が散見されました。
( ⇒ ブログ【肝の生理】参照)

そうなると次は、果たして身体所見がそれを
裏付けているかどうかということになります。
「肝」(の機能失調)の所見が体表のどこかに
みられないか――全身の視診・触診を
もういちど丁寧におこなってみました。
すると、背部のいわゆる「肝」のツボ付近に
明瞭な膨隆(=皮膚面の盛り上がり)と
硬結(=強い凝り)が認められたのです。

(※【原因不明の頸部痛が東洋医学的アプローチで改善した症例(6)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook