奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年10月2日
最終更新日:2018年8月16日

(※【原因不明の頸部痛が東洋医学的アプローチで改善した症例(2)】のつづきです)

――前置きが長くなってしまいましたが、
さっそく症例をみていくことにしましょう。
(※以下「 」内は患者さんご本人による表現)


患者: 50代女性、Dさん。
主訴: 首が痛い
( ⇒【患者様の声/理論に裏打ちされた施術は全く別物◎
でご紹介させていただいた方です)

今年(2017年)の5月初診の患者さんです。
ご自身も医療関連の資格をお持ちであり、
大学の講師もなさっている聡明な方です。
初診時の訴えによると、
「前年12月より右肩の凝りと痛み
が出始め、
「前月7日より右首の痛み
が強まってきたとのことでした。

いつものように、予診票に記入していただいてから
詳細な問診に移ります。
まず、原因として、ご自身で何か
思い当たることがないかお尋ねしたところ、
もともと「片頭痛ストレスで受診していた」
クリニックの主治医から「不適切な言葉」を言われ、
強いストレスを感じる」ことがあったそうです。
どうもそうした出来事と前後するように、症状も
強まってきているようだとおっしゃっていました。
しかし「現在は信頼できる医師のもとに転院」し、
「安心できている」とのこと。
ちなみに、ふだん運動やスポーツは
とくになさっておられないそうです。
今回の症状で、医療機関(病院など)を
受診されたかどうかをお尋ねしたところ、
地元の整形外科クリニックを受診され、
レントゲン、MRI等の検査の結果、
「整形外科的には異状なし」
との診断を受け、鎮痛剤を処方されたそうです。
つまりDさんは、この整形外科医から
あなたは(少なくとも整形外科的な)病気ではない
と言われたことになります。


このように、どんなに痛みを訴えても、
病気と認定してもらえないケースがあります。
前回までのブログに書いたように、
病気と認定されなければ適切な
治療を受けることができません

だって「病気ではない」のですから――。
本当に病気じゃないのなら、
もちろん喜ぶべきことです。
しかし患者さんには、
実際に痛みを感じているという現実があるのです。

(※【原因不明の頸部痛が東洋医学的アプローチで改善した症例(4)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook