奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年9月19日
最終更新日:2018年8月16日

(※【原因不明の頸部痛が東洋医学的アプローチで改善した症例(1)】のつづきです)

理由の三つ目は、
東洋医学は西洋医学よりも微小な変化を問題にする
医学であるということです。
冒頭に「CTMRIなどの画像診断装置」と書いたように、
現代医学=西洋医学においては、
レントゲンを含むこれら画像検査の結果を踏まえた上で
確定診断(最終診断)がなされます。
つまり、描出された検査画像に
目に見える明らかな病変が見つかれば
その人は「病気」であり、見つからなければ
「異常なし=病気ではない=痛いのは気のせい」
というわけです。
これは、患者さんの体から組織サンプルを採取し、
顕微鏡などで観察する病理検査でも同じこと。
要は、目に見える病変が有るか無いかによって
診断(病気であるか否か)を確定するのが西洋医学です。


これに対し、東洋医学は
目に見える病変に至る前の段階を問題視します。
これがいわゆる
未病(いまだ病まざる状態)
というものです。
鍼灸や湯液(漢方薬)などの東洋医術は、
「目に見える明らかな病変」を生じてしまった病体を
旧に復する力には正直、乏しいと言わざるを得ません。
しかしながら、微に入り細を穿(うが)つような、
西洋医学には無い濃(こま)やかな問診・視診・触診
によって「未病」を見つけ出し、
これを治療することにより、
放っておけばやがて大病に至るやもしれぬ病の芽を摘む
ことに長(た)けた医術が東洋医学であると言えます。
東洋医学が「未病を治(ち)」医学
であると言われるゆえんです。


これまで述べてきたような理由から、
患者さんの訴える痛みの原因がわからない――
医学的に治療のしようが無いということが
しばしば起こるわけです。
いわば、現代医学に掬い取ってもらえずに、
「網の目」をすり抜けてしまう患者さんが
少なからず出てきてしまうのです。
前回のブログに書いた
現代医学=西洋医学の限界
とは、まさにこのことを言っています。

……………………………………………………………………

――前置きが長くなってしまいましたが、
今回の症例ブログでは、以上申し上げてきたようなことを
あらためて実感、再認識させられたケースをご紹介します。
それでは、次回より詳しくみていくことにしましょう。

(※【原因不明の頸部痛が東洋医学的アプローチで改善した症例(3)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook