奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年9月20日
最終更新日:2017年2月5日

9月22は「秋分」です。
この日は「お彼岸(の中日)」ということで特別な意味を持ち、
春の「春分」とともに「国民の祝日」に制定されています。
天文学的には、やはり春分の日と同じく
昼と夜の長さが同じになる日です。
そこで、ことし3月のブログでは以下のように記しました。

「この日(春分の日)を境に「陰の気」と「陽の気」が逆転し、
今後半年間は、自然界も人体も陽の気が勝った状態になります。
昼の時間が長くなった分、朝は早起きをして、
日中は活動的に過ごす時間を増やすように心がけましょう」

こんどはこれが逆になるわけです。
つまり、こうなります。

「この日(秋分の日)を境に「の気」と「の気」が逆転し、
今後半年間は、自然界も人体もの気が勝った状態になります。
夜の時間が長くなった分、早寝をして十分な睡眠をとり、
体内のの気を養うように心がけましょう」

コスモス 04
臨床の現場でも、しばしば患者さんにご指導申し上げるのですが、
の気を養う」とはどういうことかというと、ひとことで言えば
「夜には夜に相応しい過ごし方をしましょう」
ということです。
こういう言い方が、西洋医学のお医者様から
「鍼灸師の言うことはアナログだから――」
と言われてしまう原因なのかもしれませんが、
しかし、言い方の是非はともかくとして、
言っている内容は十分に科学的・現代生理学的だと私は思います。
「夜には夜にふさわしい過ごし方」とはすなわち、
「昼間、狩猟や戦闘(=現代では仕事)で疲弊した精神と肉体を
翌朝までに回復させるために、夜の間はよく眠り、体を休める」
ことにほかなりません。
これを医学的・現代生理学的に言えば、
「昼間、交感神経が昂(たか)ぶった状態が続いたので、
夜はリラックスして休息をとることで副交感神経を優位にし、
一日のなかでの自律神経のバランスをとる」
といった言い方になるでしょうか。

東洋医学は、科学というものがまだ無かった時代に生まれ、
そのなかで育まれ、洗練されてきました。
したがって、交感神経・副交感神経などという概念も無ければ、
使われる言葉がお世辞にも科学的とは言えないのも確かです。
しかし、古代の人々は、昼間いそがしく働いて、
夜しっかり休むことをしなければ、それが
ストレスとなって蓄積し、やがて心身を病む
ことを知っていたのです。
「夜には夜にふさわしい過ごし方」をしなければ、
自律神経バランスを崩して病気になる
ということを――。
さらには、秋分の日を境にこれから自然界は寒冷の季節に入ります。
すると、体内をめぐる血液の循環も春夏に比べて鈍くなりますから、
疲労の回復にかかる時間も自ずと温暖な時季よりも遅くなります。
「夜の時間が長くなった分、体内の陰気を養うように心がけましょう」
――このことは、自然界の変化が人間の体に及ぼす影響までをも
見通している点において、現代医学・生理学よりも
ある意味、科学的だと思うのですが、
さて、みなさんはどう思われるでしょうか?(了)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook