奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年9月7日
最終更新日:2017年3月18日

きょう97は「白露(はくろ)」。
文字どおり「朝晩に路傍や庭の草花に露が降りる頃」という意味です。
しかし「白い露(つゆ)」という表現に、
すこし違和感を覚える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
たしかに露の雫(しずく)というものは、朝陽や月光を反射して、
遠目には白っぽく見えることもあるでしょう。
けれども「白い」と言いきれるほどの白さを感じるわけではない――
それがゆえの違和感なのだと思います。

じつは、白露の「」は、White の白というよりは、
」を象徴している色なのです。
漢方医学が「陰陽五行説」の影響を強く受けていることは
これまでのブログでもお話ししたとおりです。
たとえば、肝心脾肺腎の「五蔵」と、季節や色との関係を表したとき、
」「」「
という関係にあると説明されます。
これを具体的にどう読み解くかというと、
万緑だった夏が終わり、樹々の葉の緑色がしだいに薄らいでいき、
収穫を迎えようとする稲穂からは緑色が抜けて黄金色になる――
そんな自然界の色調の変化から「秋=白」としたのでしょう。

コスモス 02
また、古くから肺の病として代表的なのが肺結核ですが、
現代のように抗生物質のような特効薬のまだ無かった時代、
肺結核患者は隔離され、ひねもす安静に寝ていなければなりませんでした。
そのため、患者は陽に焼けることもなく、肉付きも痩せて、
どこか蒼白い風貌の印象を与えたものでした。
そんなところから
肺病」「を傷りやすい」
とされたのでしょう。
実際に肺結核が秋に流行しやすいかどうかは何とも言えませんが、
秋は空気が乾燥してきて、かぜインフルエンザをはじめとする
気道感染症が流行しやすくなるのは事実です。
こうした気道感染症は、重篤化すればやがて肺を侵しますから、
そういう意味から言えば、
肺(肺病)」というのも一理あるかなと思うのです。

つまりは要するに「」とは「の露」ということ。
このような、五蔵や季節と五行説との関係については、
五蔵を整える』のブログの中でまたお話ししていきたいと思います。(了)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook