奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年11月6日
最終更新日:2018年10月13日

11月7日は「立冬(りっとう)」です。
これよりの季節に入るわけです。

漢方医学は「陰陽論(いんようろん)」と
五行(ごぎょう)学説」という古代中国の
思想体系の影響の下に発展してきました。
その中でもとりわけ漢方医学を特異的に
特徴づけているものが「五行学説」です。
五行学説とはどういうものかを簡単に言うと、
万物を五つの元素に還元して捉え直し、世界
(=人体というミクロから宇宙というマクロまで)は
その相関の中で存在・運行しているとする考え方です。
( ⇒ ブログ【秋冬季の養生法】参照)


「万物を五つの元素に還元する」とは、
たとえば、人体は「肝心脾肺」の五蔵によって
構成・支配されていると考えたり、
世界は「青赤黄白」の五色
構成されていると捉えたり、
また、季節を春・夏・長夏(土用)・秋・
五季に分けたりすることを指します。
ちなみに、地球から見た方位・方角(五方)は
東・南・天帝(=北極星)・西・で、
色に輝く、動かざる北極星を宇宙の中心天帝
と見なし、これを古代中国では皇帝の、
また日本では天皇の象徴としたのです。
有名な高松塚古墳キトラ古墳の壁画には
四方位に四神四獣)が描かれていますが、
それらは
青龍」「朱雀
西白虎」「玄武
の四体で、上記の五季・五色に則ったもの。
」は「黒い色」「濃い色」を表す文字で、
玄米とはすなわち「黒い米」という意味です。
( ⇒ ブログ【秋冬季の養生法】参照)

【写真/①朱雀 ②白虎 ③玄武】

こうした五行説の哲理を人体の生理に
応用したものが漢方医学です。
そして、そこから導き出されるのが
冬はを損ないやすいので、腎の養生する必要がある。
それにはい色濃い色)をしたものを口にするとよい。
また、五味酸苦甘辛鹹)のうち「(かん=塩味)」は
腎を保養するが、摂り過ぎると逆に腎を損なう
といった、季節に応じた養生術であり、
当ブログでも折々にご紹介しているものです。
こうしたことは飲食に限ったことではなく、
服装などについても言えることです。
俯瞰(ふかん)的に言って、冬の装いには
グレーやブラウン、ブラックなど
ダークカラーのものが多いと思います。
それは、私たちが
「冬にはの色を纏(まと)うのがよい」
ということを潜在的に知っているから
なのかもしれません。
――信じるか信じないかは、あなた次第です。(了)

(※写真は国営飛鳥歴史公園のHPより転載させていただきました)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook