奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年9月22日
最終更新日:2018年10月13日

きょうの奈良は朝から冷たい雨の一日でした。
もう半袖では寒いくらいになってきましたね。
あす923日「秋分の日」を境に、
自然界は「の気」が支配する時季に入ります。

いつもこのブログに書いているように、
ヒトの体もまた自然界の反映ですから、
私たちの体にもこれから「」が
やって来ようとしているわけです。
冬は、言うまでもなく
寒い」「冷たい」「硬い」「動かない
といった「の季節」です。
ヒトの体にも冬がやって来るなら、
私たちの体も冷たく、動かなくなるはずですよね。
でも実際には、四季を通じて体温は変わらず、
夏も冬も同じように動けて生活できています。
なぜでしょうか。


それは、私たちの体には
ホメオスタシス(=生体の恒常性維持機構)
というものが備わっているからです。
そのおかげで、外界の気温が下がっても、
私たちの体は冷たくも硬くもならずにいられるのです。
冬になっても体が冷たく、硬くならない――
この働きを、東洋医学では
」の作用によるものと考えます。
( →【腎の生理】参照)

「腎」の主(つかさど)るさまざまな生理作用の一つに
「腎は、人体の熱源である」というものがあります。
文字どおり熱を生み出し、体温を維持し、
生命活動のエネルギー源となるのが「腎」です。
私たちはこの「腎」の働きによって体熱を産生し、
寒い時期にも体温を一定に保つことができ、
夏場と変わらぬ行動・生活を営むことができるのです。
ちなみに、こうした「腎」の働きが失調している人は、
冷え症になったり、脚がむくんだりします。
寒さに向かうこれからの季節、
「腎」を癒し、養うような生活習慣
心がけるとよいでしょう。
そのための東洋医学における智慧(ちえ)を
次回のブログでお話ししたいと思います。

(※次回ブログ【秋冬季の養生法(1)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook