奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年3月18日
最終更新日:2018年10月13日

3月20日は「春分(の日)」です。
昼夜の長さが同じになり陰陽が逆転し、
これより秋分(の日)までの半年間は、
陽気の支配するシーズンとなります。
陽気が支配するとは、自然界のものすべてが
みな生長し、活動的になることです。

一方で、生長とは「動き」「変化」ということでもあります。
春先に、思いがけぬ予想外のできごとが起こることを、
昔から「春の椿事(ちんじ)」と呼び習わしてきました。
また東洋医学的にも、春は「(ふう)」の季節とされています。
風邪(ふうじゃ・かぜ)の「風」です。
「風」とは、動き回るもの変化の象徴です。
吹き荒れる風はまさに、一瞬たりとも
その場に留まっていることがないからです。
また「春一番」に代表されるように、春には強い季節風が吹き、
三寒四温」と言われるように、天候が目まぐるしく変わる。
春風が植物の種子を運び、気圧の変動は雨を呼びます。
ゆえに、春は生長の季節たりうるのです。


現代にあっても、卒業や入学、人事異動などといった変化は、
春にはつきものです。
そうした変化に対し、こころや自律神経が
ついていけなくなった状態が、いわゆる「五月病」です。
「五月病」は、自分を取り巻く外的環境の急激な変化が
ストレスとなって、自律神経内分泌(=ホルモン)の
バランスを崩してしまった状態。
漢方では、ストレスの影響を最も強く受けるのが「」です。
から」という外界の変化と、それに伴うストレス――
それらが風邪(ふうじゃ)となって、
肝の気の循(めぐ)りを滞らせてしまうと考えるのです。
だから、五月病の治療には「肝」の機能改善が欠かせません。
(※解剖学的臓器としての肝臓のことではありません)

――以上のようなことから、
春は肝を病みやすい
と、東洋医学では考えます。
風邪(ふうじゃ)と肝についての詳しいお話は、
また別の機会に稿を改めたいと思います。(了)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook