奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年7月23日
最終更新日:2016年9月20日

(※【「土用」って何だ?(1)】のつづきです)

土用」の意味は、おおよそvol.(1)のブログに書いたとおりです。
そして、土用が「陰陽五行説」の影響によって
考え出されたものであることもお話ししました。
古代中国の自然観・自然哲学である陰陽五行説は、
暦や時間、易学といったものだけにとどまらず、
当然ながら医学・生理学・病理学といった分野、
すなわち漢方医学の体系化に大きな影響を及ぼしました。
人体のつくりや機能、そして病の原因や症状治療法などを
陰陽五行説に照らして体系化していったのです。
その結果「木=肝火=心金=肺水=腎」とされ、
には」が配当されたのです。
「脾」とは今日現代医学でいう脾臓のことではありません。
脾臓の働きの一部をも含めたもっともっと広い概念であり、
その働きをひと言で言うとすれば、
飲食物から人体の活動エネルギーを産み出すところ
というのが最も適切だと思われます。
現代医学的に言うと、それは「小腸」です。
胃腸は体の中心に位置し、活動エネルギーを産出する
きわめて重要な臓腑です。
「土」に配当したのもうなづける気がします。

臓腑 01
かように大事な役割を担っている脾ですが、
じつは、脾には一つ大きな弱点があります。
痰湿困脾(たんしつこんぴ)」といって、
脾は痰湿に弱い」とされているのです。
先日まで「梅雨と痰湿」というブログを連載しておりましたが、
痰湿証の人はほぼ例外なく脾(=胃)が虚弱しています
痰湿による冷えが、消化・吸収・免疫といった
胃腸の機能を低下させてしまっているのです。
これはなにも痰湿証の人に限ったことではありません。
暑い夏に、食欲が無いからといって
蕎麦や刺身、スイカ、果物、かき氷、清涼飲料水など、
冷たく水っぽいものばかりお腹に入れていると、
胃腸の血流が低下して十分な消化・吸収がおこなわれず、
結果、十分な活動エネルギーを産み出すことができなくなり
そのため体が重だるい疲れやすく回復しにくいといった、
いわゆる「夏バテ」状態となってしまうわけです。


こうした夏バテには、ビタミンB群が有効であり、
ウナギにはビタミンAとともにB1・B2も
豊富に含まれていることがわかっています。
夏の最も暑い盛りである「土用の丑の日にを食べる
という習慣は、じつはとても理に適ったことなのです。
この「土用の丑の日に鰻」ということをいつ、だれが、
何の目的で言い出したのかについては――次回を待て!!

(※【「土用」って何だ?(3)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook