奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年1月17日
最終更新日:2017年2月10日

(※【脾の生理(2)】のつづきです)

「④脾は思慮をつかさどる」とは、
頭で考えてばかりいて運動不足に陥ったり、また、
悩んだり思い患ってばかりいると、脾の気を傷(やぶ)る」
というふうに解釈されます。
「思い悩んでばかりいると、気が塞いでいけない」
という言い方をしますが、
思慮が過ぎて「脾」を傷れば、気の循(めぐ)りが滞り、
文字どおり「気」を塞いでしまうことになります。
失恋でも恋わずらいでも、思い悩むほどに食欲は失せ、
げっそりと元気を失うのも、漢方の理に適っているというわけです。
なぜなら「①脾は運化・生気をつかさどる」からです。


「⑤脾は湿を悪(にく)む」とは、文字どおり
「脾」と「湿」との相性がわるいということ。
高温多湿の夏場には食欲が落ち、食べると胸やけ・胃もたれがする。
また反対に、胃の調子がわるいとき、お腹のなかでチャポチャポと
水の入った盥(たらい)を揺すったときのような音がすることがあります。
漢方ではこれを「胃内停水(いないていすい)」といい、
「脾胃」の機能障害(=脾虚証)の徴候と捉えます。
胃壁が弛緩し、胃の蠕動運動が低下している状態です。
医学の東西を問わず、
胃袋が働かなければ活動エネルギーを生み出すことはできません
このような理由から、
鍼灸治療の究極の目的はつまるところ「脾胃を整える」ことにある
――と言えます。
少なくとも私はそのように考え、施術を処方し、
日々の臨床に当たっています。
最も重要なものは、最も中心に存在するのです。(了)

(※画像の出典/http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20161001/Biranger_240414.html

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook