奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年4月4日
最終更新日:2017年4月6日

(※【肝の生理(3)】のつづきです)

「③肝はをつかさどる」とはどういうことでしょうか。
これは「腎」と骨・脳髄・髪・耳の関係、
「脾」と肌肉(=皮膚および浅層筋を含めた皮下組織)・四肢・口唇
の関係と同様、
「肝」もまた、(=深層筋・腱・靱帯など)やなどに
その異状が反映されるということです。
「肝」は、気血の働きに深く関与している蔵府である
――ということを【肝の生理(3)】でお話ししました。
血液を出し入れすることで体内の血流量を調節している、
中央銀行(日銀)のような存在、と言えばわかりやすいでしょうか。
「肝」を病み、その調節がうまくいかなくなると、
必要な臓器に十分な血液が行き渡らなくなります。
その結果、腓返り(こむらがえり)を起こしたり、
(まぶた)の裏や爪の色が蒼白になったり
することがある、というわけです。
このような体の状態を、東洋医学では
血虚証(けっきょしょう)」といいます。


このように書くと、血行不良・血流障害による症状は
これだけではないのでは?
――と、言いたくなりますよね。
腓返りなどよりも、脳梗塞CKD(慢性腎臓病)などといった、
もっと生命予後に関わるような大きな病があるではないか。
それを、なにゆえ「筋・目・爪」なのか?
――もちろん、そのとおりです。
しかしそれは、現代医学のように
CTやMRIといった最先端の検査診断装置を持たず、
視診・問診・聴嗅診・触診という四つの診察手段しか
持ち得なかった時代の先賢たちが、
視覚や聴嗅覚、触覚を総動員して体の異変を察知しようとした、
その奮励苦闘の証(あかし)であると私は思います。
筋肉の痙攣や萎縮、目や爪の色味の変化などといった情報は、
おそらく当時としては人間の五感で察知しうる
「バイタルサイン」として、体に起こった異変を知るための
重要な手がかりであったに違いないと思うのです。

(※【肝の生理(5)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook