奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年3月21日
最終更新日:2017年7月22日

きょうからは、五蔵の中の「(かん)」のお話をしていくことにしましょう。
前回のブログの中で、いわゆる「五月病」を例にとり、
春は肝を病みやすい」というお話をしました。
今回はこれについて、もうすこし詳しく掘り下げてみたいと思います。
キーワードは「ストレス」と「風邪(ふうじゃ)」です。


そもそもストレスとはいったい何でしょうか。
「ストレスを溜めないように」などとはよく言われることですが、
それから考えると「不満」「抑圧」「我慢」「忍耐」などといった言葉と
同様のニュアンスで使われているように思われます。
『ブリタニカ国際大百科事典』によると――
「刺激により引起される非特異的な生体反応。
生体に加わる力をストレッサー、
それによって起る生体の反応をストレスという」
――とあります。
これが最もオーソドックスなストレスの定義なのではないでしょうか。

私はこれを、東洋医学の臨床家という観点から
すこし補足・換言してみたいと思います。
すなわち――
「さまざまな物理的・化学的・生物的・精神的原因刺激(=ストレッサー)
により、生体内環境の恒常性(ホメオスタシス)が破られようとしたときに、
それらに適応するために生体に起こるある種の防衛反応をストレスという」
――といったところでしょうか。
つまり、ストレスとはある種の生体反応を指す言葉であり、
不満や抑圧、忍耐などは、むしろストレッサーのことを
言っているのだということがわかります。


もうすこし具体的かつ医学的にストレスというものを考えてみましょう。
「さまざまな物理的・化学的・生物的・精神的原因刺激」とは、
たとえば、寒冷騒音肉体の酷使などは物理的ストレッサー、
薬品食品添加物などの類は化学的ストレッサー、
ウイルス細菌カビ花粉炎症などは生物的ストレッサー、
恐れ不安焦り緊張悲しみ怒り絶望などの感情や、
パワハラセクハラいじめといったハラスメントは、
精神的(心理的)ストレッサーとなる、ということです。
これら種々のストレッサーが、さまざまな病気の
原因となりうることは容易に想像がつくでしょう。
現代医学をして、
ストレス(※ストレッサーのこと)万病のもとである」
と言わしめる所以(ゆえん)です。

(※【肝の生理(2)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook