奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・金・第3日曜、夏期、年末年始
公開日:2019年5月5日
最終更新日:2019年5月10日

鍼灸で血圧降下剤が不要になった例(2)】のつづきです)

Fさんの場合、糖尿病が原因では
ありませんでしたが、若くして
腎臓を患い、毛細血管の破綻は
不可逆性に進行していき、
ついには40代という若さで
透析患者となってしまわれました。
CKD(慢性腎臓病)では、当然の
ことながら、おしっこが出なく
なるなどの排尿障害が現れます。
すると今度は、その排尿障害が
原因となり、さまざまな症状や
疾患が出現してきます。
その典型かつ代表的なものが
浮腫(むくみ)と高血圧です。


前回のブログに書いたように、
おしっこの原料は血液ですから、
おしっこが出なくなるということは、
単純に考えて、そのぶん血管内の
血液量も増加することになります。
そうなると、血管内壁に
かかる圧力が上昇します。
これが高血圧です。
そして、その圧により血漿成分が
血管から外へと漏れ出し、
細胞組織間を浸透します。
いわば、河川の氾濫により
堤防が決壊したような状態――
これが浮腫(むくみ)です。

高血圧によって生じた浮腫は、
外側から血管を圧迫するため、
血圧をさらに上げるよう作用します。
血圧が上がると、それが毛細血管に
さらなるダメージを与え、結果、
血圧はますます上昇する
という悪循環に陥ります。
血圧とは、心臓が血液を送り出す
ときの力の強さを意味しますから、
高血圧状態が持続すれば、心臓にも
大きな負担がかかることになります。
しかし、悪循環に陥っていますから、
放っておいても血圧は下がりません。
そこで、高すぎる血圧は薬の力で
下げたほうがよかろうということで、
どこの医療機関でも当たり前の
ように血圧降下剤(降圧剤)が
処方されることになります。

鍼灸で血圧降下剤が不要になった例(4)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)および第3日曜日

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook