奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年6月18日
最終更新日:2016年8月22日

(※【肉離れの二症例(11)】のつづきです)

A子さんもBさんも、自覚的・他覚的所見の両方において
肉離れ(Grade II)であったことに疑う余地はありません。
では、なぜお二人の予後に「差」が出たのでしょうか。
A子さん=3回(3日)、Bさん=9回(15日)という
治療回数の違いは、何によるものだったのでしょうか。
今回、臨床的によく似た2例の肉離れの症例を採り上げたのも、
この表面上はよく似た両者の違いを考察することが、
けがや病気を考える上でひじょうに重要だと思ったからです。
それでは、さっそく考察を進めていくことにしましょう。

肉離れ 16
まずは、お二人に共通している点を挙げてみましょう。
①ふくらはぎのGrade II肉離れであること
受傷後すぐにアイシングをおこなっていること
3D刺激療法を治療のメインにしていること
――このうち、②はきわめて重要な点です。
A子さんもBさんも、ともに標準的・平均的な治療日数よりも
短期間で回復することができた最大の要因は、
お二人とも受傷後すぐにご自身でアイシングをされたことです。
外傷において、初期のアイシング(=RICE処置)こそ
予後を左右する最も重要なファクターです。
これはもう断言できます。

RICE
ここで「RICE」についてすこし触れておきましょう。
RICE」とは、けがをした際の応急処置の原則をいい、
RestIcingCompressionElevation
の、それぞれの頭文字を取ったものです。
Restは「安静」。
けがをした(と感じた)ら、とりあえず競技や作業を中断し、
まずは局所(=受傷した部位)を安静に保つことが先決です。
「痛みが大したことないから」とか、
「骨に異状は無さそうだから」「出血していないから」
などと自分で勝手に判断し、そのまま競技を続行することは、
けがを重症化させ、治癒を長引かせ、
ひいては競技への復帰を著しく遅らせることになりかねません。
RICEの中でもRestがいちばん最初に来ているのは、
何よりもまず安静が第一」という意味を含んでいるのです。

(※画像は東京都柔道整復師会のHPより引用させていただきました)
(※【肉離れの二症例(13)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

 

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook