奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年12月2日
最終更新日:2017年12月6日

臨床をやっていると時折、東洋医学を
信じない人にとっては説明のつかない、
なんとも不可思議な現象に遭遇することがあります。
今回のブログは、そんな中から一つ
筆者自身が体験したツボの不思議
みなさんにご紹介したいと思います。

筆者は子どもの時分から咽(のど)が弱く、
かぜを引きやすいほうでした。
よく咽頭扁桃を腫らしては
熱を出していたものです。
さすがに大人になってからは
かぜくらいで仕事を休むわけにいかず、
予防に気をつけるようになり、
おかげでかぜを引くことも
めったに無くなりました。
しかし「のどが弱い」という
体質的な弱点は今も変わらず、
十年に一度くらいの頻度で
どえらい咽頭炎」を患うことがあります。
どれくらい「どえらい」かというと、
アフタaphtha=潰瘍)と呼ばれる白斑状の
粘膜糜爛(びらん)――口内炎のときにできる、
白い吹き出物のようなアレです――

咽頭や扁桃にびっしりと群生し、
尋常じゃない激痛40℃近い高熱が出て、
悪寒戦慄(おかんせんりつ=寒気と震え)
が止まらないという「どえらさ」です。
その三度目の「どえらい咽頭炎」に、
今年の9月、突如襲われたのであります。


当初は、
「あれっ、かぜを引いたかな?」
というくらいのチクチクとした痛みを
のどの奥のほうに感じる程度でしたが、
日が経つにつれ、のどの痛みは増し、
しだいに声も掠(かす)れてきました。
しかし、それ以外には咳もくしゃみも
鼻水もいっさい無く、
「あ、これはかぜじゃないな。
さては例の(十年に一度の)ヤツが来たか」
――そう思いました。
鏡で自分ののどを見てみましたが、
(うかが)える範囲にアフタは認められません。
けれども痛みの感じが、普通のかぜで
のどを腫らしたときのそれとは異なる
ある種の「異物感」を伴ったものでしたので、
これはもう「例のヤツ」に間違いなかろうと
判断したのでした。
そこで、熱を測ってみると、36.9℃でした。
過去の経験から、熱はこれからさらに
上がっていくことが予想されます。
「これは何とかしなければいけない」
――そう思い、とりあえず自分で
セルフお灸を施してみることにしたのです。

(※【咽頭炎と湧泉(2)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook