奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年11月26日
最終更新日:2017年11月27日

(※【原因不明の頸部痛が東洋医学的アプローチで改善した症例(8)】のつづきです)

第4診(7月上旬)

この日、明らかに違っていたのはその表情でした。
「前回、先生(=筆者)から言っていただいて、
現在の主治医からも(前の主治医のことを)
もう赦(ゆる)してあげなさい、と言われ、
赦そうと思いました」
と、Dさんは言われました。
それでもお話をしていると、会話の端々に
前主治医に対する憤懣(ふんまん)
ご家庭の諸事情に対する不満が
出てこないわけではありませんでしたが、
施術中はたいへんリラックスして眠っておられました。
この日の施術も」の機能回復
水滞の改善に主眼を置き、術後には
スッキリした表情で笑顔も見られました。
そして、
首が曲がるようになりました!
と、喜んでおられました。
その表情は、初来院されたときの
あの「険のある、きつい感じ」とは
打って変わって、Dさん本来の
穏やかな表情に戻っていました。


第5診(7月下旬)
Dさんの表情にはさらに笑顔が増し、
頸肩部の凝りや緊張も明らかに軽減
していることが実感されました。
痛みはまだ完全に消失したわけではありませんが、
少しでも俯(うつむ)くと激痛が走り、
自分の足下さえ見ることができなかった
二か月前と比べれば、日常生活に
支障のないレベルにまで下がったことは、
お仕事に家事にと多忙な毎日を
送っておられるDさんにとって、
かけがえのないことであったに違いありません。
患者様アンケートで頂戴したお言葉からは、
そんなDさんのお気持ちが十分に伝わってきました。
( ⇒【患者様/お客様の声】参照)

この日「水滞証」に関する当院の資料を
お渡ししながら、あらためて今回の症状は
ストレスが引鉄(ひきがね)となって「」を
失調させたことが直接の原因であったこと、
そして、そのベースには
Dさんの水滞体質が無関係でなかったこと
などをご説明しました。
そして、体質改善には相応の治療期間を要すること、
また、何よりもご本人の生活習慣改善の努力が
絶対不可欠であることをお話ししたうえで、
今後は水滞の改善を目標に、引き続き
ご一緒に頑張っていくことをお約束し、
5診を終えました。

そのようなわけで、Dさんの施術は
11月現在も継続中であるわけですが、
今回の症例ブログとしては
原因不明の頸部痛が漢方的診断と施術で改善した
ケースとして、ここまでのご紹介に
(とど)めておきたいと思います。(了)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook