奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年3月2日
最終更新日:2018年10月13日

すこし早いですが、3月5日は「啓蟄(けいちつ)」です。
いろいろなクイズ番組やニュース、気象予報などで、
今ではもう「啓蟄」の意味を知らぬ人はいないのではないでしょうか。
でも一応、各々の漢字の意味を繙(ひもと)いて、
もう一度おさらいしておくことにしましょう。

」とは、動物や虫などが巣穴に閉じこもること。
」は「ひらく、ひらかれる」という意味です。
つまり「啓蟄」とは、
「巣ごもりを終えた動物や虫たちが、巣穴から出てくる頃」
という意味になります。
こよみ便覧』ではこれを、
陽気地中に動き、ちぢまる虫、穴を啓(ひら)き出れば也」
と、表現しています。
啓蟄とは、まさに春を象徴する事象の一つなのですね。

春の象徴といえば、もう一つ「の節句」があります。
旧暦の3月上旬頃は、桃の花の咲く時季であるため、
(ひな)まつりのことを「桃の節句」と呼ぶわけですが、
この時季に咲く花はべつに桃に限りませんよね。
それなのに、どうして「桃」の節句なのか?

【写真】雛飾りと侘助

中国の詩人、陶 淵明とう えんめい、365-427)の作で、
理想郷を意味する「桃源郷」という言葉のもとにもなった
桃花源記(とうかげんのき)』にもみられるように、
中国では古来、道教の思想の影響もあり、
桃は「不老長寿」「邪気退散」の象徴とされてきました。
そんな象徴である桃の花が咲き乱れ、樹々が生い茂り、
健全な老若男女がみな幸せに暮らしているこの桃源郷は、
まさにユートピア=理想郷そのものです。

また一方で、瘀血(おけつ)を改善する代表的な漢方薬に、
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」という薬があります。
「桃核」とは「の実の」つまり、桃の種のこと。
種の硬い殻を割ると中に入っている、あのアーモンド似のやつが
桃仁(とうにん)」といって、消炎通経血流改善作用があり、
これを主成分とした「桃核承気湯」は、
生理不順月経異常便秘更年期障害など、
いわゆる「血の道症」と呼ばれるものに対して
処方される代表的な駆瘀血(くおけつ)剤です。

女の子の健やかな成長を祝い、願う雛まつりの行事が
「桃の節句」とも呼ばれてきた背景には、こうした
に対する信仰と薬効というものが存在したことが
理由の一つなのではないでしょうか。

信じるか信じないかは、あなた次第です。。(了)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook