奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年8月6日
最終更新日:2017年2月5日

あす8月7日は「立秋」です。
TVニュースや気象情報などで、よく
「暦の上ではもう秋ですね」
といった決まり文句を耳にします。
「実際にはまだまだ暑く、夏真っ盛りといった感じですが――」
という前置きに続いての「暦の上ではもう秋です」なのでしょう。
と同時に、
「暦はあくまで暦であり、実生活とは関係の無いもの」
というニュアンスがそこには含まれています。
しかし、暦が実生活と関の無いものと考えるのは大きな間違いです。
「夏=暑い」というのは確かにそのとおりです。
が、「暑い=夏真っ盛り」であるとか、
「暑いうちが夏で、涼しくなってからが秋」といった認識は誤りです。
むしろ「立秋=暑さの極み」なのであり、
同様に「立春=寒さの極み」であるということができます。

夏 01
これはべつに地球温暖化が進行したせいではありません。
太古の昔からそうでした。
これを「陰陽論」では、
きわまってに転じ、きわまってを生ず
というように言い表します。
陰陽論からみた普遍的真理です。
これを立春・立秋にあてはめて言うと、
寒さの極みをもって立春となし、暑さの極みをもって立秋となす
といった感じでしょうか。
「暦は昔の文化的遺物であって、現代生活とは無縁のもの」
多くの人が暦に対してそのような認識を
持っておられるのではないでしょうか。
しかし、暦は陰陽五行説から導かれた「一枚の鏡」です。
そこには「」万物に通ずる普遍的真理が映し出されているのです。

昨日も、きょうも、そして明日も――奈良の気温は連日の36℃超えです。(了)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook