奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年6月20日
最終更新日:2017年2月5日

621はご存知「夏至(げし)」です。
一年のうちで昼間の時間が最も長くなる日です。
また夏至は、76日までの16日間をも指します。
」には「きわみ、頂点、ど真ん中」といった意味があります。
すなわち「夏至」とは、
夏のきわみ夏の頂点夏のど真ん中
――という意味になります。
このように言うと、
「えっ? だってまだ6月の梅雨どきだよ。
夏が来るのはまだこれからじゃないの?」
と、思われるかもしれません。
でも、それは「夏=最も暑いとき」、「冬=最も寒いとき」という
「体感感覚」で季節分けをしている
私たちの習慣からきているものです。

極楽浄土 2
体感的に最も暑いときというのは、
だいたい7月下旬~8月上旬頃だと思いますが、
この時期は「立秋」の直前にあたります。
ちなみに、最も寒いときは1月下旬~2月上旬頃でしょう。
雪の降りやすいこの時期は「立春」のやはり直前です。
暑さ寒さも彼岸まで」と言われる道理なわけですが、
この諺(ことわざ)には、じつはもっと大きな意味が籠められています。

top
「暑い」とか「寒い」とかいうのは、
ままならぬこの世の苦悩そのものであり、
同時に、自我(エゴイズム)の象徴です。
また、「彼岸」とは「川の向こう岸」という意味です。
川のこちら側は苦しみと煩悩の絶えない現世
その対岸には苦悩から隔絶された世界がある。
間に流れる川は、人呼んで「三途の川」です。
すなわち「彼岸」とは、往生を遂げた人の行く
阿弥陀様の極楽浄土」の世界を指します。
そのようなイメージを持ってこの諺を思いやると、
現世のさまざまな苦しみや無常に耐えてきた昔の人の、
阿弥陀様のもとに往きさえすれば、すべての苦悩から救われる
という切実な思いが籠められた諺であることが実感されるのです。(了)

(※画像の出典①/http://yamapink.lolipop.jp/byoudouin/
(※画像の出典②/http://www.byodoin.or.jp/ja/faq.html

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook