奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・金・第3日曜、夏期、年末年始
公開日:2019年5月6日
最終更新日:2019年5月10日

5月6日は二十四節季の「立夏」。
本日をもって、いよいよ
「夏」がスタートします!

船よりも白き航跡夏はじまる  鷹羽狩行


夏といえば「冷え」の季節――。
このように言うと、多くの方が
「えっ、冷えといえば冬でしょ」
と、思われるかもしれませんね。
確かに、外界(自然環境)が
冷える季節は冬に違いありません。
けれども筆者が申し上げたいのは、
外界ではなく体内環境の話です。
体内環境――ここが大事!
ヒトは、トカゲやヘビのように
気温の変化に伴って体温が変化
する変温動物ではありません。
私たちヒトは、気温の変化に
左右されることなく、いつも
体温をほぼ一定に保つことが
できます(恒温動物)。
というより、そうしなければ
命にかかわると言ったほうが
よいかもしれません。

夏は、いうまでもなく暑い季節。
強い陽射しや照り返しの熱気は、
私たちの体を熱くしよう、
体温を上げようと働きます。
しかし、私たちの体の中には
体温調節中枢というものがあり、
体温が上昇しすぎるのを防ぐ
メカニズムが備わっています。
その代表的なものが
発汗表在血管の拡張です。
暑ければヒトは汗をかきます。
体熱を蓄えた水分(=汗)を
気化蒸散させることで、体熱を
外へ逃がしてやるのが発汗です。
また、入浴時などに体温が
上昇してくると、手の甲の
細かった血管が徐々に太く
広がってくることは、皆さんも
経験されていることと思います。
あれは、皮膚血管の表面積を
広げて末梢の血流量を増やす
ことで、体表から熱を逃がす

ともに、たくさんの汗が作られ
やすい状態になっているのです。

(※【「立夏」2019 (2) 】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)および第3日曜日

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook