奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2016年11月3日

(※【ひざ関節痛の話(2)】のつづきです)

もともと男性に比べて筋力が弱く体重も軽い女性は、
男性よりも骨が細く、したがって関節面も狭く、軟骨も弱い。
そこへさらに、
閉経+加齢によるさらなる筋力の低下と体重の増加
によって変形性膝関節症を発症しやすいのが中高年女性の方たちである、
――というお話を前回のブログで致しました。
膝に水が溜まり、どうしたって痛いときには、とにかく安静が第一
急性炎症のたどる経過にはピークというものがあり、
それを過ぎたらしだいに下火になっていくものです。
できるだけ速やかにその状態にもっていくための「安静療法」です。
ピークを過ぎて炎症が下火になってきたら、
いよいよリハビリエクササイズの開始です。
ここで無理してウォーキングをするのはナンセンス!
――であると申し上げているのです。

そこで、無理なウォーキングで膝の炎症を長期化させぬために
代わりに「スクワット」をおこなっていただきたいと思います。
スクワットは、女優の故・森光子さんをはじめ、
黒柳徹子さんや吉永小百合さんらが日々励行していることでも
知られていますので、ご存知の方も多いと思います。
このエクササイズを少しずつでもいいから毎日おこなうことで、
しだいに太ももの筋肉が付いてきて、早ければ1-2週間ほどで
膝周りがしっかりとサポートされている感」が得られます。

スクワット 01
もうおわかりだと思いますが、痛みの激しい急性期に
安静にしていると、当然ながら下肢の筋力は低下します
もともと太ももの筋力の弱い女性が、膝の軟骨を
すり減らすことで膝関節痛が起こるわけですから、
そのような人が何の筋トレもおこなわぬまま、
いきなりウォーキングを頑張ってしまったらどうなるか
もはや説明するまでもないことです。
これが、
ウォーキングの前にまず筋トレを!
――と、申し上げている理由です。
ただし、繰り返しますが、痛みをこらえてのエクササイズは、
リハビリどころか症状を悪化させるだけですので、
柱や壁、家具などにつかまりながら、無理をせず、
十分注意しておこなってください。

では「痛くてスクワットもできない」という人はどうすればよいか?
――次回はそれについてお話ししようと思います。

(※画像は「メディマグ. 糖尿病」さんのHPより引用させていただきました)
(※【ひざ関節痛の話(4)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:月・木(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook