奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年4月6日
最終更新日:2017年4月19日

(※【肝の生理(4)】のつづきです)

「④肝は怒りの感情をつかさどる
――これは、大きな恐れ驚きが「腎」を傷(やぶ)り、
思い詰めすぎることが「脾」を損なうのと同様に、
過度の怒りもまた「肝」の機能を失調させるに足る
要因の一つになりうるということ。
このことは【肝の生理(2)】の中で、
脳卒中中風を例に挙げてご説明したとおりです。


生体にとって怒りの感情というのは、
ひじょうに大きなストレスとなって
生理機能の失調を招く大きな要因の一つなのです。
だからなのか、水墨画や陶磁器などに描かれた
桃源郷の住人である古代中国の「仙人」たちは、
みな一様に「ほほ笑み」を絶やしません。
しかし悲しいかな、現代社会に生きる私たちは
「怒り」を感じずに暮らすことなど、とてもできません。
一人ひとりがその人なりの、怒りの収め方、
ないしは発散のしかたを工夫して、
ストレスを最小限に止める生活を
送っていくよりほか無いのかもしれません。
それでもストレス過多に陥ったときには、
はり・きゅう指圧マッサージでリフレッシュして、
病に至らざる段階でその芽を摘んでおくのが得策です。
このことを古来より「未病を治す(みびょうをちす)」と言い、
現代西洋医学の考え方には無い、
漢方医学の最大の特色となっています。


おしまいは「⑤ 肝は(ふう)を悪(にく)」ですが、
これについては【肝の生理(1)】【肝の生理(2)】で
詳しくお話ししてきましたので、そちらをご覧ください。

古来より「風邪(かぜ)は万病のもと」であると言われてきました。
一方で、現代医学もまた「ストレスは万病のもと」と警鐘を鳴らします。
一見、何の関連も無いかのごとく思えるこれらの言葉も
風邪=ストレス」というカギを用いて読み解けば、両者は同じ事柄
――同じ真実を言い表しているのだということがわかります。
東洋医学も西洋医学も、登る道は違えど登るべき山は同じなのであり、
また、そうでなければならないのです。(了)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

川村 晃一 (HarryPonta)
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

川村 晃一 (HarryPonta)
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook