奈良のマッサージなら指圧鍼灸マッサージくるみ治療院にお越しください。奈良市の下御門商店街の中にあります。癒しの空間とマッサージの施術効果でリラクゼーションとしてもお楽しみいただけます。肩こり・腰痛・頭痛など身体の不調はくるみ治療院にお任せください!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0742-93-9600
受付時間/10:30~19:00
定休日/火・土曜、夏期、年末年始
公開日:2017年3月25日
最終更新日:2017年3月26日

(※【肝の生理(1)】のつづきです)

さまざまな物理的・化学的・生物的・精神的原因刺激――
つまり、寒冷騒音肉体の酷使薬品食品添加物
ウイルス細菌カビ花粉炎症
恐れ不安焦り緊張悲しみ怒り絶望などの感情や、
パワハラセクハラいじめといったさまざまなストレス
――が、さまざまな病気の原因となりうるということを
前回のブログでお話ししました。
(※これらは厳密には「ストレッサー」といいますが、
社会通念に照らして、以下「ストレス」と表記します)


ここからは誤解や反論を承知で書きますが、
私は、上記のようなさまざまなストレスの総合・総称こそが
東洋医学に言う「風邪(ふうじゃ)」なのではないかと考えています。
「風邪」と書いて「かぜ」とも読むことから、
風邪とは「かぜ症候群を引き起こす感染症(の病原体)」
を指すものであると考えがちです。
しかし、そのような捉え方は「生物的ストレス」という
風邪が本来持っている意味の、ほんの一片にすぎません。

たとえば「脳卒中」という病気があります。
いわゆる脳出血脳梗塞のことです。
これらは動脈硬化症というものが基盤にあり、
高血圧が引鉄(ひきがね)となって発症します。
顔を真っ赤にして怒っている登場人物の、頭の血管が「ブチッ!」
――というふうに、マンガなどではよく描かれますよね。
東洋医学では、この病を「中風(ちゅうふう)」と呼んでいます。
邪に(あた)る」という意味です。
日本でも、ひと昔ふた昔前まで普通にそう呼んでいました。
このことから、血管破綻の原因である高血圧(=物理的ストレス)や、
その高血圧の原因となりうる怒りなどの感情(=精神的ストレス)が、
包括的に「風邪」という概念で捉えられていたことがわかります。
」とは、動き回るもの変化の象徴である――
と、ブログ【「春分」2017 】の中で書きました。
自分を取り巻く環境の変化はストレスを生みますし、
自身の体に起こった変化はそれ自体がストレスです。
すなわち、風邪とはストレスにほかならないのです。


東洋医学では、人体にも自然の摂理が存在すると考えます。
自然界に四季があるように、体の中にも四季が存在します。
は「風邪=ストレス」の季節であり、
その春に配当される蔵府が「」です。
かように「肝」とストレスとは切っても切れない関係にあります。
先ほど例に挙げた中風(=脳卒中)のケースでも、
実際の臨床では「肝」のツボを用いて治療する――
つまり「肝」の生理機能の改善を図る治療が不可欠です。
では「肝」の生理機能とは何か――。
前置きが長くなりましたが、
次回からはそれをみていくことにしましょう。

(※【肝の生理(3)】へつづきます)

**************************************************
奈良の鍼灸マッサージなら、指圧鍼灸マッサージ くるみ治療院
にお越しください。奈良市のしもみかど商店街の中にあります。
〒630-8365
奈良県奈良市下御門町17-1
TEL:0742-93-9600
受付時間:10:30~19:00
定休日:火・金(祝日営業)

この記事のキーワード

この記事の著者

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)
奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。
記事一覧

著者一覧

Avatar photo
川村 晃一 (HarryPonta)

奈良市にある【指圧鍼灸マッサージくるみ治療院】院長。東京都出身。在学中より西條一止・白石洋介両先生に師事。はり・きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師(以上厚生労働大臣免許)ほか、推拿療術師、せんねん灸セルフケアサポーター、漢方コーディネーター。

Facebook